memo log

=備忘録=

忘れないようにメモしたblogです。 ※ 何か手順が載っていたりしますが、責任はとれません。

Windows Update KB5003173適用でブルースクリーンが発生する

このパッチを適用後、私の環境ではブルースクリーンBSoD)が連発してしまい、まともに利用できません。最初に書きます。解決できませんでした。

support.microsoft.com

WindowsUpdateに配信されたWindows10用セキュリティ更新プログラムKB5003173に色々な不具合が報告されています。

  • エラーコード0x800f0922によりインストールに失敗する
  • Outlookの件名や本文が表示されなくなる
  • ゲームや動画のパフォーマンスが低下する
  • オーディオがクラッシュする
  • USBポートに異常が発生し、マウスが動かなかったり充電ができなかったりする
  • 起動から約5分後にBSoDが発生する ←今回の記事(解決できず)
  • HDD,SSD内のシステムファイル破損(Twitterで報告者確認)
  • SMBが壊れる(Twitterで報告者確認)

参考サイト

Twitterkb5003173 - Twitter Search

英語サイト:Windows 10 update KB5003173 causing USB port, Outlook mail, performance issues & also fails to install for some | WinCentral

 

起動から約5分後にBSoDが発生する

色々不具合が報告されている。私の環境ではインストール自体は問題ないのだが、ブルースクリーンBSoD)が発生しまともに利用できない。

 

 

停止コードの内容

停止コードの内容はCLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT

f:id:Arisha:20210515225246j:plain

BlueScreenView.exeの内容

f:id:Arisha:20210516094339p:plain

f:id:Arisha:20210516094422p:plain f:id:Arisha:20210516094442p:plain

CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT の一般的な解決方法

CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT の一般的な解決方法は以下の通りだが
全て試しても改善しなかった。

  • 不要なUSBを抜く → 改善しない
  • BIOSアップデート → 改善しない
  • 電力不足 → 足りている
  • ドライバを更新する → 最新のはずだが一括更新は逆に不具合が出そうなので未実施
  • グラフィックドライバを下げたり最新にしたりする→改善なし
  • オーバークロックを解除する → そもそもOCしていない
  • メモリテスト → エラーなし(そもそもパッチ適用前は快適ですし)

そもそもCLOCK_WATCHDOG_TIMEOUTのトリガーはKB5003173のインストール
KB5003173をアンインストールしたら改善するため、KB5003173が原因 

色々試して見るが、解決できないため諦め

その他細かいことを色々試すが、解決できず。
KB5003173 BSoD」で検索しても発生しているのは私だけだが
単純にTwitterで「ブルースクリーン - Twitter Search」で検索すると、ブルースクリーン連発している人が何人か見つかる。

詳細を述べていないが、この方達も私と同じでは?と思われる

 

Windowsアップデートの適用を遅らせる

Windows 10 homeでは最大35日間Windows Updateを一時停止できる。

今回の事象、もうどうしようもないため35日間停止を行うことにした。

セキュリティが低下するが今回のような不具合時には有効。
実施は自己責任で

  1. Windows Updateを開き、詳細オプションを開く

    f:id:Arisha:20210516100045p:plain

  2. 更新の一時停止から最大35日間停止することができる

    f:id:Arisha:20210516100136p:plain

ColorOS11(Android11)で全てのアプリをダークモード化する方法

 

ColorOS7.x(Android10)の機能の一つにあった、
サードパーティアプリ用ダークモードだが、ColorOS11(Android11)で機能が劣化し
全てのアプリが選べていたのが、特定のアプリしか選べなくなった

f:id:Arisha:20210511203941j:plain  f:id:Arisha:20210511203945j:plain
※画像はColorOS11(Android11)です。以前は全アプリが並んでいた。
 以前の状態は撮っていませんでした。
 ColorOS7.x(Android10)のダークモードについてはOPPOラボさんのサイトを参考ください。
 アプリを選べているスクリーンショットがあります。

www.oppo-lab.xyz

 

本題に入りましょう。
ColorOS11(Android11)では、好きなアプリを選んでダークモード有効ができなくなったが、まとめて全部ダークモードが可能です。

手間がかかりますが、以下の方法です。
※全てのアプリをダークモード化するため、ダークモードを想定していないアプリで文字が読めないなどの不具合を発生する可能性があります。
特に○○Payアプリ、これがダークモード化するとレジで読めないと思います。
自己責任で

  1. 開発者モードを有効化にします。
    設定→端末情報→バージョン→ビルド番号を連打すればなれます。

    f:id:Arisha:20210511203653j:plain

  2.  既に開発者モードと言われたら、設定→その他の設定→開発者オプションに進みます

    f:id:Arisha:20210511203702j:plain f:id:Arisha:20210511203713j:plain

  3.  フォースダークのオーバーライドを探し、有効にします。

    f:id:Arisha:20210511203736j:plain
    ダークモードにならない!嘘つき!って方はアプリを再起動かスマートフォンを再起動してください。

  4. 解除したいときは逆をやればいいだけです

有効化、無効化したときのAmazonアプリの参考比較画像です。

f:id:Arisha:20210511210649j:plain f:id:Arisha:20210511210612j:plain



 

フルスクリーンが勝手に解除・縮小される場合の調査方法

フルスクリーンでゲームをやっている場合、もしくは起動した直後に
ゲームは起動中なのに勝手にフルスクリーンが解除される場合がある。

これは常駐しているソフトがフルスクリーンを解除しているのが原因。
だが、常駐しているソフトが多い場合何が原因なのか調べるのが困難である。

そのときに役立つフリーソフトを紹介します。

・My Window Logger

www.vector.co.jp

このソフトは起動しているウィンドウを記録するソフト。
ゲームのタイトルも記録するため、ゲームタイトル直後に動いたソフトが原因として特定できる。

このソフトは起動するとタスクトレイに常駐し、勝手に記録されるので
目的の特定が終わったら終了するを忘れずに。

 

  1. 起動するとタスクトレイに常駐

    f:id:Arisha:20210303190329p:plain

  2.  右クリックで「画面を開く」で起動

    f:id:Arisha:20210303190525p:plain

  3. 「ログを見る」を押すと以下のようにブラウザでタイトルが記録される

     ゲームの次に起動したものが犯人となるため、それを終了すれば
     勝手にフルスクリーン解除がなくなるというわけである

    f:id:Arisha:20210403214606p:plain

    上記の画像を例に上げると、No Man's Skyのフルスクリーンが解除される場合
    直後に起動しているCrystalDiskInfoが解除をしているというのがわかる。
    CrystalDiskInfoを終了しておけば問題は改善される可能性が高い